HOME >居宅介護支援事業
会社案内 プライバシーポリシー  サイトマップ お問い合わせ  福祉用具
 介護用品
 レンタル
 オンラインショップ  求人情報
水質環境サービス事業
福祉介護サービス事業
会社案内
 
 
  寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、常時の介護までは必要ないが日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方。  
   
  初老期の認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気(※特定疾病)により要介護状態や要支援状態になった方。  
   ※特定疾病
 ・筋萎縮性側索硬化症
 ・後縦靭帯骨化症
 ・骨折を伴なう骨粗鬆症
 ・多系統萎縮症
 ・初老期における認知症
  (アルツハイマー、脳血管性認知症等)
 ・脊髄小脳変性症
 ・脊柱管狭窄症
 ・早老症
 ・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
 ・脳血管疾患
 ・パーキンソン病関連疾患
 ・閉塞性動脈硬化症
 ・関節リウマチ
 ・慢性閉塞性肺疾患
 ・両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴なう変形性関節症
 ・末期がん
 
 
 
本人または家族が直接、市町村の担当窓口に申請します。
 
   
 
本人または家族が直接、市町村の担当窓口に申請します。
 
 
   
   調査内容をコンピュータ分析し、要介護状態区分を導き出す。
   
   医師から介護を必要とする原因疾患などについての記載を受けます。
 
 
 
 
   
 
 
 
   
 
新予防給付対象者 介護給付対象者
 要支援1 要支援2
 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
 
 
 
 
   
 
 
 
   
 
  作成されたケアプランに基づき、ご利用者に適した介護サービスがご利用になれます。
 
 

介護保険の2割負担の基準(厚生労働省:平成27年8月&平成28年8月施行)